IT業界と相性がいいフリーランス

Posted on by

IT業界とフリーランスの相性がよいのは、元々、個人のスキルや技術を第一とする、業界的な特徴があるためです。

例えば、Javaが得意で、その他もある程度のことができる三十代の人が欲しいと思っているプロジェクトがあったとして、そこにプログラミングの経験が浅いけれど、体力だけには自信がある二十代の人をあてがっても意味がありません。このようにIT業界は、各スキルの経験年数や習得度が明確で、そこにマッチする人材を必要とします。
勿論、人間性や協調性といった部分も大切な要素ではありますが、前提として、技術によってふるい分けが行われます。

また、一口にプログラミングといっても、ハードウェア、組み込み系、ソフトウエア、アプリケーション、ゲームなど、求められる分野は多種多様ですので、業界の動向などを見極め、うまく需要を見込めば、仕事がなくて困るということにはなりません。これが一般の企業であれば、指針となる明確な技能や技術といったものがないため、その人のスキルを実証することが難しく、どんなに優秀な人でも、仕事がなくなる危険性が高くなります。

気を付けたいのは、普通に勤めている時は、営業やリーダークラスの人が顧客との渉外を行って貰えますが、フリーランスの場合、個人が責任をもって対応しなければなりません。仕事の調整も全て自分でやる必要がありますし、必要に応じて、自分が望む方向へ進むよう営業力を持って交渉する必要もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です