プログラマの睡眠時間とは

Posted on by

プログラマは、残業が多いのが通例で睡眠時間が短い傾向にあります。
特に、システムなどの納期が迫ると長時間労働になりがちで、睡眠時間がどうしても短くなってしまいます。
そして多くのプログラマは、納期が終わった後に寝溜めをするという睡眠時間のサイクルを取っているようです。

しかし、プログラマの残業時間が多ければ多いほど、プロジェクトの収支自体は赤字に近くなっていきます。

残業が極端に多いのは、次の3つの理由が考えられます。
1つ目は、管理する人の管理能力が足りない場合
2つ目は、コーディングする人の能力が足りない場合
3つ目は、営業の段階で実現が不可能な案件であった場合
のどれか、またはこの3つの内いくつかが合わさった場合です。

しかしこれらは、企業の経営状況などから読み取れるものも多いです。
ですから、入社をする際に企業調査をしないで入ると、運悪く前述の3つに当たってしまう場合がありますが、
入社をする前に綿密に調査をすれば、防げる事態でもあります。

フリーランスでも請負であっても、そもそも仕事を請ける際に見積もりを誤らないようにするのがポイントです。
講師の際も案内していますが作業時間の予測を立てるスキルは、プログラマやエンジニアには必要不可欠です。
なかには、残業過多を理由に別の会社へ移る人がいますね。
転職といえば国内外と問わずIT企業が福岡に集まってきていることは、ご存知でしょうか。
福岡のJava求人関連なら【JavaHawks】』を見ると、これから本格的にIT系で働きたいという人にもチャンスがあるようです。
未経験・初心者からのIT参入に期待が持てます。

IT技術の進歩はとても早いので、Javaといった定番のプログラム言語の他、最新の技術や言語、ツールなどの情報を常にキャッチする必要があります。
さらに、必要であるなら未経験の技術や言語などにも挑戦し習得して、自分自信の技術を磨き続けていかなければ、企業の中で生き残ってはいけません。
一度資格を取ったら、後は安泰という職業ではない大変さがそこにはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>